横浜市 LIVE映像通信システム(映像119)

横浜市 LIVE映像通信システム(映像119) 119番通報者や消防隊等のスマートフォンを活用し、消防司令センターと映像の送受信を可能にするシステムで、令和5年2月1日(水曜日)から運用を開始し、利便性向上に向けた改善を行い、令和5年4月1日(土曜日)から本格的に運用を開始しました。
このシステムでは、119番通報を受けた指令管制員が、通報者の同意を得て、スマートフォンのショートメッセージサービス(SMSエス・エム・エス)にURLを送り、通報者が接続すると、システムが起動して映像の送受信ができるようになります。
■対応している応急処置映像 胸骨圧迫(乳児・小児・成人)・気道異物除去(乳児・成人小児)・熱性けいれん
■救急・災害現場の映像を送信する 消防司令センターとスマートフォンを介した映像の送信を行うことで、傷病者の状態や災害現場の詳しい状況を把握することが可能になります。 これにより的確な消防隊・救急隊の活動や有効な応急手当を行うことで救命率を向上させることが期待できます。 詳細リンク↓ www.city.yokohama.lg.jp/bousai-kyukyu-bohan/shobo/seikatsu/119/eizo119.html

関連記事

  1. 日野ふれあい子どもまつり

  2. 港南キャッツアイ連絡協議会

  3. 《成人の日記念街頭》

  4. [konan-safety 419] (無題)

  5. 上大岡駅 市政配布街頭 2回目

  6. 神奈川県生活協同組合連合 会賀詞交歓会

  7. 市政報告No115

  8. 笹寿会たより 令和2年8月号 第564号

  9. 平成30年度 予算特別委員会都 市整備局審査

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP