最新鋭の消防艇まもり

おはようございます 昨日は、横浜港の安全を支える横浜市消防局最新鋭の「消防艇まもり」が新たになりましたので、視察させていただきました。 消防艇「まもり」の主な特徴 ●毎分32,000㍑を放水できる消防ポンプを装備 ●放水と機動性を両立させる6基のエンジンを搭載 ●石油コンビナート火災など、様々な火災へ対処するため、15,000㍑放水砲2基、7,600㍑電動式放水銃4基を装備 ●陸上への大量送水を可能とする「大口径送水口(150㎜)」を装備 ●穴が開いても沈まない、ウレタン注入小型救助艇を搭載
乗船させていただくことで、現場の皆さまが様々なご苦労をされながら、安全を支えていただいていることを学ばせていただきました。 改めて日頃からのご尽力に感謝申し上げます。









関連記事

  1. 解雇等された方への市営住宅の一時提供(新型コロナウイルス感染症関係) 横浜市

  2. 神戸医療産業都市におけるメディカルクラスターの形成について視 察

  3. 《笹下釜利谷道路補修完了》

  4. 下永谷駅 市政報告配布

  5. 道路修繕完了 下永谷3丁目

  6. ≪活動報告3≫

  7. 2019/11/30始発より京急線上大岡駅1.2番線のホームドアの運用開始

  8. 横浜市営住宅の駐車場等を利用した初めての移動販売が「港南区・保土ケ谷区・磯子区の3住宅」でスタートし…

  9. 港南中央駅から公会堂の屋根設置工事始まる‼️

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP