最新鋭の消防艇まもり

おはようございます 昨日は、横浜港の安全を支える横浜市消防局最新鋭の「消防艇まもり」が新たになりましたので、視察させていただきました。 消防艇「まもり」の主な特徴 ●毎分32,000㍑を放水できる消防ポンプを装備 ●放水と機動性を両立させる6基のエンジンを搭載 ●石油コンビナート火災など、様々な火災へ対処するため、15,000㍑放水砲2基、7,600㍑電動式放水銃4基を装備 ●陸上への大量送水を可能とする「大口径送水口(150㎜)」を装備 ●穴が開いても沈まない、ウレタン注入小型救助艇を搭載
乗船させていただくことで、現場の皆さまが様々なご苦労をされながら、安全を支えていただいていることを学ばせていただきました。 改めて日頃からのご尽力に感謝申し上げます。









関連記事

  1. 市政報告No107

  2. 横浜市 新型コロナウイルスへの感染が心配なときの相談方法

  3. ≪市内視察≫

  4. 【横浜市 緊急事態宣言の発出に伴う保育所等※の利用について】(抜粋)

  5. ≪第33回九都県市合同 防災訓練≫

  6. 令和2年度4定一般質問より11(ラスト)

  7. 統合化が進む分散エネルギービジネス意見交換会

  8. [konan-safety:460] 特報 地域防犯ニュース

  9. 全国都市緑化よこはまフェア

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP