(横浜市)平成27年2月 公共工事設計労務単価等の改定に伴う「特例措置」等の実施について

 国土交通省は、公共工事の設計に用いる労務単価を例年4月に改定するところ、昨年に引き続き今年も2月に改定しました。新労務単価は、前年度と比較し、全国平均4.2%(神奈川県2.5%)の上昇。
 そこで、横浜市は昨年度と同様、公共工事の中長期的な担い手確保等に向け、旧労務単価で設計した工事及び維持管理委託について、2月以降の契約は、新労務単価と新材料単価に入れ替える「特例措置」を行います。1月末以前の既契約分の工事は、一定の条件のもと、「インフレスライド」を行います。
 また、設計測量等業務委託に用いる技術者単価も改定されましたので、設計測量等業務委託についても、「特例措置」を行います。

1 横浜市の対応
(1) 特例措置
契約日が平成27年2月1日以降の工事、道路公園等の維持管理委託、および、設計測量等業務委託で、旧単価で積算した契約について、新単価に基づく請負代金額に変更できることとします。
(2) インフレスライド
契約日が平成27年1月31日以前の工事で、一定の条件が適合する工事について、インフレスライド条項※(工事請負契約約款第26条第6項)を適用して対応します。
 ※インフレスライド条項:急激な価格水準の変動に対応する措置
【横浜市記者発表資料より一部抜粋】

詳細は、リンク参照

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201502/20150205-044-20550.html

関連記事

  1. ちどり団地 さんま祭り

  2. 道路損傷通報システム スタート

  3. 「横浜市におけるGIGAスクール構想」について

  4. ≪第60回横浜文化賞/横浜文化賞文化・芸術奨励賞≫

  5. 予算特別委員会「教育委員会」審査より8

  6. 神奈川県行政書士会 新年賀詞交歓会

  7. 小学校、中学校及び高等学校等における一斉臨時休業の延長と修了式等について(通知)

  8. 点字ブロック張り替え完了

  9. 「横浜型医療的ケア児・者等コーディネーター」を配置

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP