交通局審査より4

交通局審査より4 4 相鉄・東急新横浜線開通に伴うバス路線への影響 (1)相鉄・東急新横浜線開通に伴うバスの利用状況の変化 【答弁(自動車本部長)】 新横浜駅に接続する主な路線は3つあり、それぞれ、6月の乗車実績を昨年度と比較しますと、鶴ケ峰駅と新横浜駅を結ぶ129系統は3.3%減でしたが、一方で、鶴見駅と新横浜駅を結ぶ104系統は11.1%増、菅田町と新横浜駅を結ぶ295系統は16.8%増となっており、新路線開通に伴う影響が一定程度あったものと考えられます。
(2)相鉄・東急新横浜線へ接続する路線の増便など今後の既存路線の調整 【答弁(局長)】 来年度からの改善基準告示改正による、深刻な乗務員不足が見込まれている状況の中で、現時点では増便などの見直しは考えておりませんが、今後のご利用状況を注視しながら、必要に応じて検討してまいります。
*質問が新横浜新聞に掲載されましたので、リンクを紹介 shin-yoko.net/2023/10/17/shibasu2023-5/

関連記事

  1. 港南中央駅 市政報告配布

  2. 女性の就労相談窓口

  3. ≪大岡川護岸崩落 ⑨≫

  4. ≪地域行事にてご挨拶≫

  5. ≪統一地方選 後半戦迫る!≫

  6. 就労移行支援事業所の在宅支援視察

  7. 「身近な方が亡くなられた際に必要な手続のご案内ができるウェブサービスを開始します」横浜市

  8. 港南台8-39-46付近の階段補修完了

  9. 《政策懇談会3日目》

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP