西谷浄水場視察

本日は、水道・交通委員会視察で、西谷浄水場を視察。 西谷浄水場は、相模湖を水源としています。 大正4年(1915年)に創設され、当時の浄水能力は、1日当たり73,360m3。 その後、数回の改造が行われ、昭和55年(1980年)の第8回拡張工事完成により、現在の浄水能力は1日当たり356,000m3(横浜スタジアム約1.1杯分)となっています。 浄水処理された水は、主に鶴見、神奈川、西、中、南、保土ケ谷各区方面に給水されます。
【視察内容】 ・西谷浄水場の再整備内容説明、視察 ・水道システム再構築の検討経過説明 様々な課題や今後のあり方など学ばせていただきました。




関連記事

  1. 港南さくらまつり

  2. ≪港南区工業会賀詞交歓会≫

  3. ≪歩道の改修完了≫

  4. 市政報告配布【あんざい通信】

  5. ランサムウェアによる世界同時サイバー攻撃に対して、市内中小企業向けの「緊急特別相談窓口」を設置

  6. 第40回芹が谷地区野球少年の会開会式兼大運動会

  7. 横浜市中央児童相談所 視察

  8. 港南区防災対策連絡協議会

  9. 港南桜まつり

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP