西谷浄水場視察

本日は、水道・交通委員会視察で、西谷浄水場を視察。 西谷浄水場は、相模湖を水源としています。 大正4年(1915年)に創設され、当時の浄水能力は、1日当たり73,360m3。 その後、数回の改造が行われ、昭和55年(1980年)の第8回拡張工事完成により、現在の浄水能力は1日当たり356,000m3(横浜スタジアム約1.1杯分)となっています。 浄水処理された水は、主に鶴見、神奈川、西、中、南、保土ケ谷各区方面に給水されます。
【視察内容】 ・西谷浄水場の再整備内容説明、視察 ・水道システム再構築の検討経過説明 様々な課題や今後のあり方など学ばせていただきました。




関連記事

  1. 令和2年度4定一般質問より6

  2. 平成29年第3回市会定例会 一般質問

  3. ささげ祭り

  4. 事務処理完了

  5. 市政報告No120

  6. 一斉臨時休校 緊急受入状況

  7. 第12回 JA 横浜上大岡支店農業まつり

  8. 上大岡駅東口 市政報告配布

  9. 神奈川県行政書士会 新年賀詞交歓会

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP