令和2年度決算特別委員会 交通局審査より

本日、令和2年度決算特別委員会交通局審査を担当させていただきました。 以下、質問要旨です。 詳細は、別途まとまり次第報告させていただきます。 1 資産の有効活用について (1)駅構内の活用状況と活用についての考え《局長答弁》 (2)駅構内店舗の現在の取組《経営管理部長答弁》 (3)店舗として活用できないスペースへの新たな取組《経営管理部長答弁》 (4)広告媒体の価値向上の取組《局長答弁》
2 「中学生校外活動支援運賃制度」について (1)「中学生校外活動支援運賃制度」の昨年度対比の利用実績《高速鉄道本部長答弁》 (2)制度開始から2年目を迎えた「中学生校外活動支援運賃制度」の評価《局長答弁》
3 敬老パス自己負担ゼロによるバス事業者への影響 (1)仮に交通事業者に対する負担の考え方が現状のまま変わることなく、75歳以上の無料化が実施された場合の市営バス事業に対する影響《局長答弁》 (2)一般論としての民間バス事業者の考え《局長答弁》 (3)質問者の考えについての見解《副市長答弁》 質問者の考え「敬老パスについては、是非「バス事業者の負担の適正化」といった視点も忘れずに総合的な議論をすべき」
4 バス整備員の採用について (1)昨年度の選考実施状況と、それを踏まえた現在の取組《総務部長答弁》 (2)応募資格を緩和したバス整備員の採用状況と課題《総務部長答弁》 (3)人材育成や人材確保における中長期的な課題と交通局としてのあり方《局長答弁》
5 「港南区総合庁舎前」バス停の改善について (1)2年度のバス停上屋及びベンチを設置状況《自動車本部長答弁》 (2)3年度のバス停上屋及びベンチの設置見込み《自動車本部長答弁》 (3)「港南区総合庁舎前」バス停周辺の状況の認識《自動車本部長答弁》 (4)「港南区総合庁舎前」バス停上屋設置の検討状況《自動車本部長答弁》 (5)質問者の考えについての見解《局長答弁》 質問者の考え「課題解決に向けて関係部署がそれぞれ一歩、踏み出す必要がある」
6 野庭団地におけるバス路線再編について (1)再編に至った経緯《自動車本部長答弁》 (2)再編による利用状況の変化と地域からの声《自動車本部長答弁》 (3)利用状況の検証方法《自動車本部長答弁》 (4)188系統のバス停増設の可能性《局長答弁》
7 コロナ禍における新たな財政支援 (1)コロナ禍における国からの新たな財政支援策《局長答弁》 (2)コロナ禍における一般会計からの新たな財政支援策《局長答弁》 (3)質問者の考えについての見解《副市長答弁》 質問者の考え「国の臨時交付金など、今後新たな財源が確保された際には、令和2年度に引き続き交通事業に対する支援を行うべき」

関連記事

  1. 横浜市内在住・在学の学生の皆さんをダンス公演に無料招待!

  2. 《横浜ノース・ドッグ/ 鶴見貯油施設視察》

  3. 交通局審査より3

  4. 道路修繕完了 下永谷3丁目

  5. ≪学校の耐震化前倒し≫

  6. 上大岡駅東口 市政報告配布

  7. 点字ブロック新設推進中

  8. ≪子育てりぶいん≫

  9. 水災害に特化した体験装置を新設!! (横浜市民防災センター)

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP