≪大岡川護岸の崩落 ④≫

18時時点の状況です。

被害を拡大させないため、工事担当会社を2社にして仮復旧のスピードをあげていただくことになりました。

【右岸復旧工事】

右岸工事については、明日、崩落部で残っているアスファルト部分を撤去し、大型土嚢を設置予定とのこと。

 

【左岸工事】

橋側部分の崩落の危険性が確認できるため、本日夜間緊急工事にて補強等の対策を行うようです。

  

午前中の復旧状況を報告します。

昨日の左岸の崩落については、生活道路ということもあり、仮復旧が終わっておりました。工事関係者の方の迅速な対応に御礼を申し上げます。

右岸については、土壌が弱いため工法に苦慮されておりますが、まずは川幅減少のブロック等の除去を行うため、工事車両の作業スペース確保の対応を行っておりました。大型の車両を投入するスペースがないことや、地盤がもろいことなど難しい環境の中、現場の方は、迅速に工事を進めていただいております。

今後の天候悪化による被害拡大を何として防いでいただき、右岸の仮復旧をお願いいたしますと担当者の方にお願い致しました。

関連記事

  1. 官民データ活用時代における共創の推進フォーラム

  2. 市政報告No120

  3. 第24期Tougi安全大会

  4. 令和2年度4定一般質問より11(ラスト)

  5. ≪京都市学校歴史博物館≫≪醍醐コミュニティバス市民の会≫視察

  6. 平成28年度港南区体育協会総会

  7. 日野中央2-20付近草木伐採完了

  8. 《野庭地域廻り》

  9. (横浜市)平成27年2月 公共工事設計労務単価等の改定に伴う「特例措置」等の実施について

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP