災害時における消火栓の飲料水としての活用

2013-08-12_114120.jpg 2013-08-12_113439.jpg 2013-08-12_113735.jpg 2013-08-12_113944.jpg

水道局の方より、消火栓の災害時の飲料水としての活用法を学ばせてもらいました。

発災後の三日間は、自助での飲料水確保が基本となりますが、最悪の想定をする時にこの消火栓の活用は、飲料水確保策の1つとして有効だと思います。また、港南区のある自治会からも活用についての要望を昨年より受けております。

東京での取り組みが、本年よりスタートしておりますので、横浜市としても 様々な課題がありますが、丁寧に問題をクリアして活用を検討していきたいと思います。

関連記事

  1. ≪「臨時福祉給付金」及び「子育て世帯臨時特例給付金」の申請の受付≫

  2. ≪横浜F・マリノス フトゥーロカップに参加≫

  3. 横浜市 メタボ健診を無料化

  4. ≪地域要望の調査≫

  5. 港南区シルバークラブ連合会 高齢者福祉大会

  6. JA横浜上大岡支店農業まつり

  7. 予算特別委員会 医療局病院経営本部 局別審査

  8. 笹中会 第二弾

  9. 神奈川県宅地建物取引業協会 横浜南部支部賀詞交歓会

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP